読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7セグとスイッチでカウンタっぽいブツを論理合成してみた

その他

チャタリング防止回路もFPGA上に入ってます。




結構手間取ったのでメモを書き書き

コンフィグレーションROMを実装したため、電源を切っても、FPGA上の内容が消えることはない。
これは、次回電源を入れる際コンフィグレーションROMから内容をダウンロードしている為である。


コンフィグレーションROMに書き込むためには、ISEを用いる。
今回ISEはver9.1を使用した。
これはDWM7月号付属のDVDからインストールしたものである。
なお、最新版のISEがXilinxのサイトで公開されている。


Synthesize 及び Implement Design が全て正常に終了しているとする。


左下にあるProcess for ウィンドウにあるGenerate Programming File という項目を右クリックしてメニューからProperties... をクリック。

Startup Option のFPGA Start-Up Clock がCCLK になっていることを確認。

Generate Programming Fileの下にあるGenerate PROM, ACE, or JTAG File をダブルクリック
このとき、予めFPGA基板はPCと接続しておき電圧をかけておくこと。

Boundary Scan のタブが現れる。

左上のSource for ウィンドウのタブをConfigration Modes に切り替え、PROM File Formatter をダブルクリック

ウイザードが現れるのでニャンニャンする。
PROM File Nameは適当で大丈夫。

Finishをクリックしてウィザードが終了すると、PROM File Formatter というタブがでかでかと現れ、「Start adding device file to Data Stream: 0」とダイアログが表示されるのでOKを押す。

生成されている「〜.bit」ファイルを選択しOKを押す。


  XILINX |
  PROM  | → XILINX
      |

見たいな感じで、PROM File Formatterタブに表示が出る。
適当な場所を右クリックしてメニューのGenerate File... をクリックする。

すると「Generate PROM File Succeeded」と表示され 「〜.mcs」ファイルが生成される。
このファイルをBounry Scan タブに戻り、コンフィグレーションROMに書き込む。

「Program Sucseeded」

ウマー