T105にGeForce7600GSを載せた日記

DELLの格安サーバを改造して遊びました。

このサーバ、PCI-Ex のスロットがX8とX1しかない。
これではX16のグラボがササラナイ・・・

でも、調べてみたら、どうやらグラボの端子を削って、あと一部ジャンプワイヤーしてあげれば問題なく認識する、とのこと。
早速工作開始。


f:id:boo210shin:20121222222321j:image
名機7600GSを写真のとおり端子をバッサリ削ります。(これはまだ削る前の状態)

f:id:boo210shin:20121222222316j:image
加工してあげてPCI-Ex X8のスロットに刺さるようになりました。


f:id:boo210shin:20090920184111j:image
図のようにB48とA1をジャンプワイヤーでつなげてやります。
細いハリガネみたいなブツで十分。基盤ショートにだけは注意。
(管理人は結束用のハリガネの芯を使いました。)



f:id:boo210shin:20121222225838j:image
あとは電源投入して認識していれば成功です。
ドライバを入れてあげて、作業は完了。





参考:T105 PCI Express x8 スロットリード線のつなぎ方
PowerEdge/T105 - usyWiki

f:id:boo210shin:20121223154506j:image
CPU-Zで見てみました。
問題なくX8で動いてるようです。
これでゲームも動くようになってウハウハですね。