カブのマフラーをはずしてみよう

エンジンの下の二箇所のナットを外します。

スイングアーム(揺動アーム)を止めている緩み防止ナットを外します。

これで、マフラーは外れます。

※マフラー交換時の注意。
抵抗の少ないマフラーに交換した場合、排気口から空気を吸ってしまい、結果的に燃調が薄くなることがあります。
燃調が薄いまま走行すると最悪エンジンが焼きついたりするので、必ず、走行前にジェットの番手を大きく(濃く)しておきましょう。