読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クーラント交換

12月に入って一段と寒くなってきましたね。
爆熱エンジンのGSXRにとってはむしろ乗りやすい季節になって参りました。

もっと快適に乗れるようにクーラントの交換でもしようかね~。

グリーンモンスター
f:id:boo210shin:20131201202901j:image
・・・意外と綺麗でした。
んで、あふれました^^;

覚書としてやり方を
0.廃油の受け皿を用意する

1.ドレンまたはラジエーターから出てるどっかのホースを抜いてクーラントを抜く

2.ラジエーターキャップを外す(クーラントが勢い良く抜ける)

3.全部抜けたらドレンまたはホースをつなぐ

4.新しいクーラントを規定量ラジエーターキャップ側から入れる(2.5Lくらい?)

5.リザーバータンクにも規定量クーラントを入れる(0.5Lくらい?)

6.エンジンをかけ、エア抜きする(当然この時、ラジエーターキャップは外しておく)

7.しばらく吹かして気泡が出なくなったら、ラジエーターキャップを締めて完了

エアが噛んだ状態(冷媒経路に気泡が残っている状態)だとすぐ油温が上がるので分かります。
ちなみに、クーラントの交換時期は2年に1回だそうです。

エンジンを長持ちさせるためにも、こういう油脂交換はこまめに行いたいと思いました。