読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GSX R750 SRAD リア油圧ブレーキランプスイッチの交換

色々不具合が露呈してきたので、そのいくつかを上げてみました。

・アイドリングが不安定
・しばらく走っていると吹け上がりが悪くなる(かなりかぶる)
・謎のFIエラーが出る
・リアの油圧ブレーキスイッチの不良(テールランプが光らない)

このうち油圧ブレーキスイッチの不良を今回のネタにしたいと思います。

奥の黒い物体が油圧式ブレーキスイッチ。ぶっ壊れやすいことで有名なようです。
手前の銀色のスイッチが今回移植対象。秋葉のラジオデパートで100円でした。


分解してみると・・・あれ、スイッチの長さがちょっと違う。
左側の白いボタンのが壊れていた従来のスイッチ。右側の黒いのが移植対象。


とりあえず、見なかったことに。半田付けでくっつけていきましょう。


スイッチを分解するとなんか部品がでてきました。
間違ってブレーキを踏んでしまうと、こんな細かい部品達が油圧で押し出されて大惨事になります。
注意が必要です!!(盛大にエアを噛んでしまいました


交換後の様子。
グルーガンで一応絶縁とか固定とかしてみましたが・・・ちょっと不安だなー。
なんか、また壊れそうで微妙な感じです。

この後、ブレーキのエア抜きなどして、今回の作業は終了しました。
必要になったものは
・半田
・半田ごて
グルーガン
・ドライバーのたぐい
・ミヤマ電器製スイッチ(MS-402) 100円
・とびちったブレーキフルードの補充分 数十円
・固定用のインシュロック 100円

そうそう簡単に壊れてもらっても困ります。(特にブレーキのエア抜きの手間を考えると・・・)
機械式を導入すればそんな悩みともオサラバなのですが、既存のものを最大限活用して、なおかつ極力純正を保つという方向性を基に、格安に収める方法をとってみました。

[工作費]
MS-402 100円
フルード 10円
インシュロック 5円

    • -

合計 115円