キャリパー弄り


前回の内容に引き続いて、ブレーキキャリパーの樹脂部品(シール)を交換したいと思います。

シールの固着や劣化などでブレーキの効きは大きく低下します。
これはブレーキダストやその他のごみがシールとピストンの間に付着するとピストンの上下運動性能が下がるためです。


キャリパー本体のネジはクソ硬いので
車体に固定した状態で、六角レンチにメガネレンチを引っ掛けてこの原理で回しました。

キャリパー内に残っていたフルードが大量に出てくるので容器に移してあげましょう。

キャリパーについたゴミ類は中性洗剤(ママレモン)と真鍮ブラシ攻撃で洗います。


シール類を交換する前にピストンの表面をピカールでひたすら磨きます。
ヒンジャクヒンジャクゥゥゥゥ〜〜〜〜〜〜(某動画の真似


…後は元に戻します。
このとき、新しいシールを組み付けます。

奥に見える工具は、ブレーキキャリパー専用のピストン抜きツールです。
こいつがあればどんな硬く入り込んだピストンも一瞬で抜けます。


エア抜き後、組み上げて走行してみました。
ピストンがちゃんと戻るか確認してひとまず様子見。